聖木曜日

 聖木曜日は、司祭職の制定とともに、聖体の秘跡によって、キリストがご自分を完全に人類にささげたことを記念します。聖書に記されているように、キリストは、ご自分が裏切られる晩、わたしたちに「新しい契約」(mandatum novum)を残しました。すなわち、兄弟が互いに愛し合うようにという契約です。そのためにキリストは、足を洗うという感動的な行為を行いました。足を洗うという行為は、身分の低い奴隷が行うことでした。さまざまな偉大な神秘を思い起こす、この特別な日の終わりには、聖体礼拝が行われます。それは、ゲツセマネの園での主の苦しみを思い起こすためです。
 福音書が語るように、イエスは大きな苦しみを感じながら、弟子たちに、自分とともに目覚めて祈り続けるように頼みました。「ここを離れず、わたしとともに目を覚ましていなさい」(マタイ26・38)。けれども、弟子たちは眠っていました。今日も主はわたしたちに語ります。「ここを離れず、わたしとともに目を覚ましていなさい」。しかし、今日もわたしたちは、現代の弟子たちが眠っているのをしばしば目にします。イエスにとって、それは見捨てられ、一人きりにされる時でした。続いて、真夜中に、イエスは逮捕され、カルワリオ(されこうべ)への苦しみの道が始まります。

教皇ベネディクト十六世
「聖なる過越の三日間」
2006年4月12日

MAUNDY THURSDAY

 In addition to the institution of the Priesthood, the total offering that Christ made of himself to humanity in the Sacrament of the Eucharist is commemorated on this Holy Thursday.
 As Holy Scripture records, on that same night on which he was betrayed, he left us the "new commandment" - "mandatum novum" - of brotherly love with the touching gesture of the washing of the feet, which is reminiscent of the humble service of slaves. This unique day, which calls to mind great mysteries, ends with Eucharistic Adoration, in memory of the agony of the Lord in the Garden of Gethsemane.
 In the grip of profound anguish, the Gospel relates, Jesus asked his disciples to watch and pray with him: "Remain here, and watch with me" (Mt 26:38), but the disciples fell asleep. Still today, the Lord says to us: "Remain here, and watch with me"; and we realize that we too, disciples of today, are frequently dozing. For Jesus, that was the hour of abandonment and loneliness, followed by his arrest in the heart of the night and the beginning of the painful journey to Calvary.

Pope Benedict XVI
“The Easter Triduum”
2006, April 12

Questo sito fa uso di cookie per migliorare l’esperienza di navigazione degli utenti e per raccogliere informazioni sull’utilizzo del sito stesso. Leggi di più