聖金曜日

 受難を中心とする聖金曜日は、大斎と小斎を行います。それは、十字架につけられたキリストを仰ぎ見るためです。諸教会では受難の朗読が行われ、ゼカリヤの預言のことばがあらためて告げ知らされます。「彼らは、自分たちの突き刺した者を見る」(ヨハネ19・37〔ゼカリヤ12・10〕)。
 わたしたちはまた、聖金曜日に、槍で刺し貫かれたあがない主の心に目を向けようとします。聖パウロが述べているように、このかたのうちに「知恵と知識の宝はすべて隠されている」(コロサイ2・3)からです。そればかりか、「キリストのうちには、満ちあふれる神性が、余すところなく、見える形をとって宿っている」(コロサイ2・9)からです。だから、使徒パウロは「イエス・キリスト、それも十字架につけられたキリスト以外、何も知るまいと」(一コリント2・2)心に決めることができました。まことに、十字架は、人の知識をはるかに超える愛の「広さ、長さ、高さ、深さ」を示します。これは、愛が世界に広がることを表します。愛はあらゆる知識を超え、「神の満ちあふれる豊かさ」でわたしたちを満たします(エフェソ3・18-19参照)。
 十字架につけられたかたの神秘によって、「自らに逆らう神のわざは完全に実現します。こうして、イエスは、人間を高く上げて救うために、自分をささげました。イエスは最も徹底的なかたちで愛を示しました」(教皇ベネディクト十六世回勅『神は愛』12)。5世紀の大教皇聖レオはこう述べています。キリストの十字架は「あらゆる祝福の源であり、また、あらゆる祝福の理由である」(『主の受難についての講話8』6-8:p. Luca 54, 340-342)。

教皇ベネディクト十六世
「聖なる過越の三日間」
2006年4月12日

Good Friday

 Good Friday is focused on the mystery of the Passion. It is a day of fasting and penance, completely oriented to contemplation of Christ on the Cross. In churches, the Passion Narrative is proclaimed and the words of the Prophet Zechariah ring out: "They shall look upon him whom they have pierced" (Jn 19:37). And on Good Friday we too desire to truly turn our gaze to the pierced heart of the Redeemer, in which, St Paul writes, "are hid all the treasures of wisdom and knowledge" (Col 2:3), indeed, "in him the whole fullness of deity dwells bodily" (Col 2:9).
 As a result, the Apostle can affirm that he wants nothing except "Jesus Christ and him crucified" (I Cor 2:2). It is true: the Cross shows "the breadth and length and height and depth" - the cosmic dimensions is the meaning - of a love that surpasses all knowledge, a love that goes beyond what is known and fills us "with all the fullness of God" (Eph 3:18-19). In the mystery of the Crucified One "is the culmination of that turning of God against himself in which he gives himself in order to raise man up and save him. This is love in its most radical form" (Deus Caritas Est, n. 12). The Cross of Christ, Pope St Leo the Great wrote in the fifth century, "is the fount of all blessings, the source of all graces" (Discourse 8 on the Passion of the Lord, 6-8; p. Luca 54, 340-342).

Pope Benedict XVI
“The Easter Triduum”
2006, April 12

Questo sito fa uso di cookie per migliorare l’esperienza di navigazione degli utenti e per raccogliere informazioni sull’utilizzo del sito stesso. Leggi di più